© セレンディック 2019 All Rights Reserved.

アドラー心理学とは?

アドラー心理学(アドラーしんりがく)は、アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)(1870~1937)が創始し、後継者たちが発展させてきた心理学であり、その思想、理論、技法を言います。欧米では「個人心理学」(individual psychology)と呼ばれています。

アドラー心理学は、技法として「勇気づけ」を大切にし、共同体への所属感、信頼感、貢献感をもって精神的に健康な人の指針としています。

 

アドラー自身は、自分の心理学について、「個人心理学(Individual Psychology)」と呼んでいた。それは、個人(individual)が、in(=not)+L.dividuus(=devisible 分けられる)+al(の性質)=分割できない存在である、とアドラーが考えていたことによる。 日本では、「アドラー心理学(Adlerian Psychology)」の呼称が一般的である。

「過去は問わない。他人のせいにしない。自分が未来に向けて今から何ができるか」こういう心理学です。 
ヒューマンギルド 岩井俊憲

人生における悩みのほとんどが対人関係によるもの

アドラー心理学は、より良い人間関係を築くための心理学です。悩みのほとんどは人間関係によるもの。 
楽しみながらいつの間にか自分を好きになって、コミュニケーションも格段にアップします。

アドラー名言集

人生に疲れてしまった、これから私はどうしたらいいの? 
自分を見失いそうなあなたへ・・・
心に染みる 「アドラー名言集」

  • 人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生はきわめてシンプルである。

  • 重要なことは、人が何を持って生まれたかではなく与えられたものをどう使いこなすかである。

  • 苦しみから抜け出す方法はただひとつ。他者を喜ばせることだ。自分に何が出来るかを考え、それを実行すればいい。

  • 人間は自分の人生を描く画家である。あなたを作ったのはあなた。これからの人生を決めるのもあなた。

  • おかれた環境をどう捉え、どう対応するかは自分が決めることだ。

  • 「よく出来たね」とほめるのではない。「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。感謝をされる喜びを体験すれば、自ら進んで貢献を繰り返すだろう。

  • 叱ると一時的には効果がある。しかし、本質的な解決にはならない。むしろ、相手は活力をうばわれ、ますます言うことを聞かなくなるだろう。

  • 叱られたりほめられたりして育った人は、叱られたりほめられたりしないと行動しなくなる。そして、評価してくれない相手を敵だと思うようになるのだ。

  • たしかにこの世界には、悪、困難、偏見はある。しかし、それが我々の世界であり、その利点も不利な点も我々のものである。

  • 全ての人は劣等感をもっている。しかし、劣等感は病気ではない、むしろ、健康で正常な努力と成長への刺激なのだ。

  • 出来ない自分を責めている限り、永遠に幸せにはなれないだろう。今の自分を認める勇気を持つ者だけが、本当に強い人間になれるのだ。

  • 心理学な見地からも、正常な人は人生の課題と困難がやってきた時に、それに対応するに十分な工ネルギーを持っている。